FC2ブログ
2008-09-04

旅行5日目①

この日のメインはオックスフォード~♪

ロンドンからオックスフォードまでは鉄道で1時間程かかるため、朝早くから行動開始デス☆

・・・・が、しかし

オイスターカード(地下鉄のプリペイドカード)の使用時間が7:00~とは知らなかったウチ→

6:50くらいに開きっぱになっていた改札を通り抜けたから、さぁ大変;;

その後、改札を通る度に「Seek Assistants」(駅員を呼んでください)の表示が・・・

???

なぜに??

とりあえず困ったカンジの笑顔を駅員に向けると→割合すんなり通してくれマシタ。

ちなみに理由がわからず、翌日まで顔パスを続けちゃったウチ・・・

捕まらんくて、ホントよかった~(罰金20ポンド)

何はともあれ、オックスフォード行きの列車が発着するパディントン駅に到着♪

「くまのパディントン」の舞台だぁ~^^b
ブログ用 パディントン
なんとなく可愛らしい構内↑

イギリスは鉄道会社が多いけど、希望を伝えれば駅員が勝手に選んでくれるんで楽チンです☆

無事チケットをゲットし、いざ出発進行!

写真はウチが乗った2等車両↓
ブログ用 列車2等

<②へ続く>
スポンサーサイト



2008-09-03

旅行4日目②

この日もラズベリーマフィンをパクつきながら(ヴィクトリア駅のが1番美味しい☆)移動→

やっと、イギリスでの大本命大英博物館!!!

歴史の長い博物館ながら、中央ホール=グレートコートは明るくてモダン♪
ブログ用 グレートコート

・・・・でも、鳩が迷いこんでるのが非常に気になりマシタwww
(どうやって出るんだろ・・・)
ブログ用 大英博の鳩

日本人は金を落としてくれるからか、意外にも観光名所では日本語ガイドがついてくるイギリス。

音声ガイドを首から引っさげ、いざ見学に出発☆


愛するミイラ達に背を向け(笑)、まずはお仕事→ギリシア・ローマ部門

この博物館の目玉は何と言っても、パルテノン神殿の彫刻群!!

保存状態はイマイチなものの、三美神と謳われる東ペディメントの彫刻の衣の襞なんか、ホント美しいです
ブログ用 三美神
左から竃の女神ヘスティア・母ディオーネー・娘アフロディーテ(ヴィーナス)

ギリシア美術の最高峰と称されるのもナットクの作品でした><b

大英博のギリシア・ローマコレクションは有名で、館内には良質のコレクションが点在してます→

おっしゃぁ~!資料写真撮り終わったゼ!!ってぬか喜びを何回したことか・・・

1箇所に集めとかんかい!!!

良い作品を見てテンションup↑のハズが、半分キレ気味のウチでしたwww

実はこの日、夜間拝観で20:00まで見学OKだった大英博。。

でも、眼力と集中力の限界であえなく19:30ダウン;;

とりあえず、資料とお土産買ってホテルへGO→

しかし・・・問題発生!

ホテルがない~~~~(汗)

????

どして?

それもそのハズ・・・・入った時と違う入り口から出たのに、来た時と同じ方向感覚で歩いてたウチ

つまり、方向が90度ズレた状態で突き進んでたため、ホテルなんかある訳ないんです^^;

結局、見知らぬ地下鉄の駅を発見・・・・歩いて5分の道のりを、わざわざ1時間半かけて地下鉄で帰った1日でした
2008-09-03

お久しぶりデスm(- -)m

皆様、お久しぶりでございます☆

そして・・・すみません;;

リアルでいろいろありまして、なかなか更新できず→

ついにスポンサーサイトの広告がでちゃうありさまに・・・・

未だ実家にいるため、更新はボチボチとなりますが、復活したいと思いマス><b

よろしく~♪
2008-08-03

旅行4日目①~サン・ポール

前日の疲れから死んだように眠った翌朝・・・・

両足にはやっぱりおっきなマメができておりましたorz

まだ観光2日目なのに~;;


今日最大の目的は、大英博物館へ行って資料写真を撮ること!

昨日は観光してても、本命が気になって気分的にゆっくりできなかったので、「お仕事」は早めに片付けることに><b

でも大英10:00~なんだよね・・・・

どっか早くから開いてないかなぁ→お、聖ポール大聖堂9:30~じゃん♪

てなワケで、いざクリストファー・レンの夢の切れ端へ^^

こぼれ話ですが、ロンドン大火で焼け野原になったロンドンをパリのように整然とした町並みにするべく、クリストファー・レンって人が働きまくったんです。

けど、あまりにプロジェクトが壮大すぎて予算の都合もあり、ほとんど実現できなかったんですね(世知辛いっス;;)

そのなかで聖ポール大聖堂は、レンの設計通りに建設された数少ない建築なのですよ。

ちなみに地下には、あのネルソン提督も眠ってらっしゃいます☆

提督の業績より、人妻の愛人エマ・ハミルトンとの関係の方がよっぽど知ってるウチ・・・

何気に歴史的ゴシップ好きですww(現代の然程興味ないですが)

ともあれ、セントラル線で大聖堂まで向かいます♪

目的地が近づき、アナウンスが・・・↓

Next station is St.Paul's.=サンポール

突然、頭の中を便所掃除をするおばちゃんが占領・・・悲しき日本人の運命ですねwwww

駅の名の通り、大聖堂までは徒歩数分☆

でっか~い^^
サン・ポール ドーム
青灰色のドームがお出迎えしてくれます

ファサード(正面)も装飾過多なカンジがレンの時代っぽくて素敵♪
サン・ポール ファサード
堂内は撮影禁止だったのが非常に残念ですが、天井が一面モザイクで覆われててスゴいトコです><

ただ、聖ポール、つまり聖パウロに捧げられた教会という割には、彼の描写は少なく、天使の登場率が異常に高かったので、どちらかと言えば「天使教会」?って印象でした^^;

この教会の右側廊には螺旋階段があって、そこからドームの天辺まで登ることができるようになってます。

ただ・・・この階段がツライ;;
(心の中で必死に「ケルンよりマシ!ケルンよりマシ!!」って唱えてましたwww
注:ケルンの大聖堂の鐘楼は157メートル。登った時は足がガクガクだった;;)

マジで老体には堪える長さです・・・・いったい何段あるんだ><;

ちなみに断面図で表わすとこんなカンジ↓(大聖堂の公式HPより)
cut-away.gif
最初の到達点、囁きの回廊は反対側にいる人の囁き声も聞き取れることから命名されたらしいですが・・・・

そこまでじゃないみたいw

でも、離れてる人の話声が耳元で言ってるように聞こえたりはするんで、面白いです☆

途中でちとバテつつも、なんとか黄金の回廊到着~^^

おぉう、絶景

タワーブリッジ見えるし↓
サン・ポール タワーブリッ
ロンドンのビル街、カッコイイ~↓
サン・ポール ビル街
中で写真撮れなかった分、嬉しくて何枚もシャッターきっちゃいました♪

苦労に報いてくれる景色ですね^^

ただ、もやしっ子のウチが慣れない階段なんか登ったせいで、時間オーバー

次は急いで大英へ!

<②へ続く>
2008-08-01

旅行3日目⑧~ロイヤル・オペラハウス

オペラといえば優雅で上品な楽しみの1つ・・・

のはずですが、ホテルに帰ったウチにそんな言葉はあてはまりませんwww

サンドイッチをパクつきつつ、ワンピに着替え、足を冷やします;;

そして、またまた猛ダッシュでコヴェント・ガーデン駅へ→

駅のすぐ近く、古い建築への憧れをプンプン匂わせる白い建物
ロイヤル・オペラ外観
それがロイヤル・オペラハウスです☆

急いで行ったものの、たいして混みあってはおらず、すんなり発券終了~

暇なのでグッズ・ショップをブラつき、折りたたみオペラグラス(ウチの席は2階バルコニー席)とパンフをゲット♪

18:30開場~

セキュリティ・チェックを受け、ラウンジへ向かいマス><
ロイヤル・オペラ ラウンジ
(↑終演後のラウンジ)

そこでは、優雅な方々が談笑しあってらっしゃいました・・・

めっちゃドレスアップしてる人やら(ボックス席の人?)、映画『プリティ・リーグ』にでてきそうなドレスワンピを着てる人、シティ・ガールっぽいスーツに華やかな小物を+したような人など・・・・

おぉぅ・・・

激一般庶民が慣れないトコに来たため・・・ちと居づらい^^;

テーブルも空いてなかったんで2階へ

そこにも別のラウンジとレストランがありましたが・・・素通りしてウチはテラスで夕涼み><

テラスからの眺め↓
ロイヤル・オペラ テラス
(ちなみにイギリスは20:00でやっと夕焼け?的なカンジです)

人もあんまいないんで、ちょっと落ち着きました(←ダメっ子w)

ところで、日本だと「開場」っていうと座席まで行って座れると思いますよね?

でもイギリスでは、19:00開演でも18:50ぐらいまでホールは開かないみたいです;;

てなワケで所在無く・・・ウロウロ(足痛いし、座るトコないかな~)

やっと隅っちょに長椅子発見

うやぁ~(足解放じゃ~)

・・・・

・・・

ふむ・・暇だし、さっき買ったオペラグラス見てみよ☆

(組み立て後)お、ちゃっちぃ造りなのにちゃんと拡大されてる~♪(注:当たり前)

嬉々として何もない壁を拡大して見てるウチがおかしかったのか

おじさんに「よく見える?(笑)」って話しかけられちゃいましたwww

いよいよ、ホールが開き、座席につきます。
ロイヤル・オペラ ホール
むきゃ~(by のだめ)

プ、プリティ・ウーマン!!
(ボックス席じゃないけど!リチャード・ギアいないけど!!)

実は劇場の中まで入ったのはこれが初めてだったウチ

もぅテンションは上がりまくりです><bbb

で、肝心のオペラですが

ココで感想を書くと異様に長くなっちゃうんで割愛させて頂きます^^;

ちょっぴり言うと

オペラ自体はイタリア語だったんで、上の英語字幕と舞台を行ったり来たり見るのが忙しかったのと

衣装と演出が凄くよかったのと

フィガロの影が薄かったwwってところでしょうか

ケルビーノ役の方が素敵でした^^

「フィガロの結婚」は全4幕

フィナーレを迎えたのは22:30頃・・・・めっちゃ寒~~~~;;

腕をキツく組んで、背中を丸めつつ、いそいそとホテルに帰りましたwww

この日はこれで終了~
プロフィール

キルケー

Author:キルケー
お茶と旅を愛する大学院生。専門は美術史☆古代ギリシアの陶器です。日々の出来事をちまちま綴っております。旅行記~イギリス・スイス編~更新中♪皆様よろしゅう~

只今ランキングに参加中★ぜひクリック↓

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Copyrights
Talesweaver is a trademark of Softmax Co., Ltd. Copyrights (C) 2004 Softmax CO., LTD. All Rights Reserved. Copyrights (C) 2004 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
FC2 Blog Ranking